昨今の葬儀費用

昨今、日本ではあまり葬儀費用をかけない家族葬が多くなって来ました。 葬儀費用は地方にも寄るかもしれませんが、結構な額になることも有ります。

家族葬、一日葬、火葬式、葬儀形態の多様化

加えて、日本の家族構成も都市部(一部地方も)を中心に、核家族化、更には高齢化社会と言う事も有り、数十年前とは生活環境も異なってきています。 高齢化が進むにつれ、いわゆるリアル充実という形の交友関係では無く、歳を重ねる毎に、友人、知人が減っていき、残るのは家族と近い親戚程度、と言う昨今です。 このような環境だと、葬儀に費用をあまりかけたくない、と言うのも家系で考えれば納得と申しますか、もちろん、故人の遺志が反映されるのかもしれません。 今は終活、と言う事で、生前から、身内だけであまり費用をかけずに葬儀を執り行うと言う風潮もあります。 このような風潮からか、葬儀費用を抑えた家族葬、一日葬、火葬式、と言った葬儀形態(割と密葬に近い)が増えてきたのかもしれません。 ただ、そのような形式は知っていても、突然のことも有りますし、喪主ともなれば非常に忙しい、もしくは地方だと割と近所付き合いが多いと言った点で、難しい面も否定出来ないかと思います。 ですが、やはり、都市部を中心に、家族だけで費用をかけずに故人を見送る小さなお葬式が増えてきているのが、前述の通り社会環境の変化から増えてきているというのも事実です。 葬儀費用の他にも納骨やその他費用がかかるのも事実ですが、最近はそう言った費用を含めた葬儀費用を抑えたサービスが存在します。 こういったサービスを知っているか否か、喪主となる場合、もしくはご家族は、故人の遺志を尊重して、新たな門出と言う事で、故人をお送りしたいモノです。 家族葬火葬式一日葬直葬の葬式葬儀費用.net

このページの先頭へ

リゾートバイト